彼氏持ち メール

メール(LINE)から攻めていくのが上策

 

 

「メール(LINE)から攻めていくのが上策」

 

 

突然ですが、このページを読んでいるあなたは優秀です。

 

 

別にお世辞でも何でもなく、
彼氏持ち女性を彼女にできるチカラを秘めています。

 

 

  • 他の記事を読んだついでにココへ来た
  • メールから始めるのが良いと前々から思っていた
  • リスクの低いアプローチ法はメールだと直感していた

 

 

人それぞれ、多少は理由が違うかもしれませんが、
あなたの選択は何一つ間違っていません。

 

 

なぜなら、彼氏持ちの女性というのは、
一般的にフリーの女性よりもガードが固いから。

 

 

ズバリ言ってしまえば…

 

 

いきなり、彼氏でも何でも男にデートに誘われても、
デートにOKしてくれる女性は“ゼロ”といってもいい。

 

 

だからこそ、女性も気兼ねなくできるような、
メール(LINE)から始めていくのが得策なわけで、
それを無意識レベルでできているあなたは優秀。

 

 

『彼氏持ちを落としたいならメール(LINE)から始めるのがベスト』

 

 

たとえば、道端であまり仲良くない人から、
「今度、食事に行こうよ」と誘われたところで…

 

 

まあ、普通は行かないですよね?

 

 

ましてや、どこの誰かも分かっていないなら尚更。
犯罪者と勘違いされても不思議ではありません。

 

 

ですが、これが小学校から知っている
仲良しの友達からの誘いであれば、
「じゃあ、いつにしようか?」という話になるはずです。

 

 

ごくごく当たり前のことですよね?

 

 

しかし、彼氏持ち女性に惚れている男性は
こういった基本的なことを忘れてしまうケースが後を絶ちません。

 

 

私の友人にも特別仲良くないのに
「俺とご飯に行こうぜ!」と、誘った人がいましたが、
結果は言うまでもなく撃沈。

 

 

「ごめんね…彼氏がいるから…」という、
超ありきたりな理由で断られていました。

 

 

顔もそこそこかっこよく、周りへの配慮も“◎”
普通に彼女がいてもおかしくないほどの男性ですが、
焦りが出てしまい、撃沈してしまったんですね。

 

 

まあ、ただデートに断られただけならマシでしたが、
これが引き金となり、女性の警戒心が高くなったわけです。

 

 

その後のアプローチもごとごとく失敗に終わり、
結局、その女性とは付き合うことができませんでした。
(当たり前といえば当たり前ですが)

 

 

さらに、彼へのダメージは勢いを増し…

 

 

バレンタインやクリスマス、花火大会といった
恋人で賑わうイベントがあっても、
彼女がいない“孤独感”を味わったり。

 

 

これに追い打ちをかけるように、
「今日は、彼氏と花火を観に行ったよ♪楽しかった〜(*^。^*)」といった発言を
ツイッターやフェイスブックでする彼女を目撃。

 

 

当然、心臓は鷲掴みにされたように痛み、目は死んだ魚のようで…
いや、まだ“魚の方がマシ”と思えるほどでしたね(苦笑)

 

 

とりあえず、この辺で止めておきますが、
ここでは到底、言えないことも多々ありました。
(本当に見ているこっちが泣きそうになったほどです)

 

 

他にも、アプローチに失敗して降りかかる悲劇としては…

 

 

彼女のいないという孤独な生活に
一人でAV鑑賞をして性欲を解消する日々。

 

 

抜いた後には、どうしようもない“虚しさ”だけが残る。

 

 

周りの女性からは相手にされず、
チ○コの役割は排泄するだけで終わってしまう。
そこには男としての威厳もクソもありません。

 

 

これだけでも胸がえぐられるほどのダメージですが、
精神的に追い込まれてしまうと、
「うつ病、アルコール依存症」などに侵されることも…

 

 

“健康”まで侵されるのは、マジでシャレになりません。

 

 

最悪、人生を自ら引き起こした病気に棒に振り、
そのまま“死ぬ”ことだって可能性としてはあり得る。

 

 

たった一度の失敗だけで、
それも入り口を間違ってしまっただけで
ここまで惨めな人生になってしまうわけです。

 

 

私たちが望んでいるものは、
こういった惨劇そのものではないですよね?

 

 

そうではなく、デートに誘えば、
「今週の土日なら一日中空いてるよ♪」と、
5分もしないうちに返信が来る。

 

 

デート当日には、駅で待ち合わせをして
「その服、似合ってるね」と褒めてあげると、
彼女は頬を赤らめながらも口元が緩む。

 

 

彼女を車の助手席に乗せて
夜景を観にドライブへ連れていく。
肩にもたれて甘えてくる愛しい彼女。

 

 

他にも、ディズニーランドでお揃いの被り物をして、
ミッキーやミニー達と写真を撮り、
最後はシンデレラ城をバックに花火を見上げる。

 

 

男としての“至福”のときでもある夜の営み。

 

 

雪のように真っ白な肌にドーム型の胸。
力を加えれば、枝のように折れてしまいそうな華奢な体。

 

 

頭のてっぺんから足の指先まで
雪にも劣らない白い肌を触り続けると、
下半身の局部が“糸”を引き始める。

 

 

「ぬちゃっ」という生々しい音を立て、
自らのモノが彼女の中に吸い込まれると、
絡みつくような感触が直に伝わってくる。

 

 

ギシギシとベットが音を立て、
「あっ…んっ…んんっ…///」と声を我慢する愛らしい彼女の姿。
行為が終われば、腕まくらに満足そうな寝顔…

 

 

こういった男として生きる以上、
喉から手が出るほど欲しい喜びを
体感できる人生のはずです。

 

 

だからこそ、彼氏持ち女性を落とすためには…

 

  1. メール(LINE)で親密度を上げる
  2. デートに誘って一気に距離を縮める

 

この順番を守ることが鉄則中の鉄則なわけです。
逆にすると、ものの見事に撃沈するだけ。

 

 

そこまで仲良くもないのにデートに誘う、
ましてや告白するなんてもってのほかです。
(爆弾を抱えて敵につっこんでいくのと同じ)

 

 

私たちのように「メールから攻めた方がいい」という
先の展開を見据えるチカラのある人間は、
こうした自爆の道を避けるのが賢明。

 

 

まずは、「メールから始めて親密度を深めていくこと」
遠回りにみえても、実はコレが一番の最短距離なんですね。

 

 

大胆に距離を縮める選択肢も場合によってはアリですが、
基本的には、確実に距離を縮める選択肢を選ぶべきです。

 

 

特に、彼氏持ちというガードが固い女性、
こういったタイプを落とすときには、
“後者”を選択していくのが無難なわけで。

 

 

これが最もリスクなく、親密度アップも可能な
私たちが歩むべきベストルートです。
是非、参考にしていただければと思います。


-合わせて読みたい人気記事-

>>彼氏がいる女性へのアプローチがうまくいかない最大の理由

>>彼氏のいる女性を振り向かせて自分だけの彼女にする方法

>>【永久保存版】デート代を賢く貯める秘密の裏ワザとは?(PR)


トップページ プロフィール 無料メール講座 推奨No.1教材 お問い合わせ